金買取の知識

2020年04月05日(日)
【金には色々な種類があります。種類を決めてい】
金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


金買取業者は大抵の場合、未成年への利用規制が設けられている場合が多いです。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。


もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、その場合でも保護者の同意書は必要です。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は実に多くのお店が買取サービスをするケースが増えています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるお店が最近は多いようです。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


金製品を売りたいという方は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


お手持ちの金製品を売却したい方は、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうスタイルが最もオーソドックスでしょう。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、すぐに現金化できるため、郵送買取などと違って安心できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれる場合が多いため、十分納得のいく金額で手続を進めることができるようになっています。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、単独で買取サービスを利用することができません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、18歳を過ぎていても未成年であれば買取を断られることが多いようです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親の同伴か、同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。


20:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++